回収業者を選ぶポイント

一言で不用品回収の業者と言っても、いろいろな業者があってどこに依頼すれば良いのかなかなか判断がつきませんね。
そこで今回は、何を基準に回収業者を選べば良いのか、料金体系に着目して紹介します。

ふたつの料金体系

回収業者の料金体系は大きく分けて、
1)基本料金+品目ごとの料金(固定)+オプション
2)品目ごとの料金(オープン)+オプション
この二つがあります。
違いは基本料金を設定しているかいないかですが、これによって料金の算出法が大きく変わります。
1)は2,000円から5,000円の基本料金、不用品回収の品目ごとの料金、エレベーターがなく階段で搬出したり現場で解体作業をしたり、吊り下げ搬出をしたりというオプションの料金、これらがそれぞれ明確に規定され、ホームページには明確に料金表が掲示されています。
2)は品目ごとの料金もオプションの料金も設定していますが、不用品回収の量が多いから単価を安くしてくれとか、また解体や運搬を手伝うからオプション料金を下げてくれとか、価格について交渉する余地があります。
そのためホームページには料金が提示されないことが多くあります。

それぞれの特徴

1)は料金について明確ですから依頼の前にだいたいいくらかかりそうか見当がつき、見積もりもスムーズにできます。
反面回収する品目や利用するオプションが増えれば触れる程、料金がかかっていきます。
2)は業者のスタッフに現物を見てもらわないと価格が分かりませんが、交渉によって安くできる可能性があります。
とにかく安く済ませたい、という場合には2)の業者がおすすめですが、見積もりも作業も全部お任せで早く済ませてしまいたい、という場合には1)がお勧めです。

結局どっちが良いのか?

回収業者のランキングサイトでは、1位は2)の業者で占められているようで、多少自分の手間がかかっても少しでも安く済ませたいという利用者が多いようです。
処分品が多ければ交渉でき、少なくても基本料がかからないから安く済ませることができます。